TBC ヒゲ脱毛 おすすめ

TBCのヒゲ脱毛がおすすめ

TBCのおすすめポイントはヒゲ脱毛の体験

 

ヒゲ脱毛となると、デリケートな顔の部分なので安心・安全が一番です!
そこで、安心できるおすすめのサロンやクリニックを選んでみましょう。

 

anshin

サロンとクリニックの違いは?

医師がいるかどうか。
パワーのあるレーザー機器を使用しているかどうか。
(クリニックでは厚生労働省の認可のある機器を使用可)
が主な相違点です。

 

TBCはエステサロンなので、医師はいませんし、パワーのあるレーザー機器も使っていません。
売りは、アメリカで唯一認められている美容電気脱毛による永久脱毛です。

 

男性専用のサロンなら入りやすい

salon

 

TBCの男性専用のメンズTBCは男性がお店の入りやすいように作られているので、気になりません。
お店に入るのを気にする人にとってはおすすめのサロンと言えるでしょう。

 

susumeru

 

メンズTBCのスーパー脱毛なら美容電気脱毛法を採用しているので、処理したところから生えてきません。
ニードルを毛根に差し込んで根こそぎ抜いてしまうので、永久脱毛が可能になるのです。

 

datumo

ヒゲの悩みを解決

青ヒゲをなくしたい。
朝のヒゲ剃りが面倒。
夕方にヒゲが伸びてくる。

 

hige

 

ヒゲがあることで顔の印象が変わってしまいます。
ヒゲと肌のコントラストがはっきりしすぎて、それが原因で顔に自信がないなら今すぐ脱毛しましょう。
「どの程度減らせば悩みを解決できるか?」を知るには、体験がおすすめです。
メンズTBCでは格安料金で永久脱毛が体験できるので、試してみる価値はあります。

 

tamesu

 

何ヶ月くらい通えば?

ヒゲの濃さや量によって個人差があるので、一度体験してみることをおすすめします。
体験時のカウンセリングで「どの程度量を減らしたいか」とか、「予算はどれだけ」など、自分の希望に合わせた見積もりをもらうことが大切です。
全体の20%を減らすなら1ヶ月程度、60%を減らすなら6〜10ヶ月程度などが見積もりに書かれてあるので、それをみれば必要な期間がわかります。

 

毛周期も脱毛期間に影響します。
毛には成長期、退行期、休止期があり、処理した周囲の毛根から生えてきたヒゲを処理しないといけません。順番に生えてくるヒゲを処理するためある程度の時間がかかってしまいます。

 

syuki

料金は低めから

カウンセラーとしてはできるだけ上のランクのコースを提示したがるので、それに合わせてしまうと、予算オーバーになってしまいます。
また、必要以上に時間をかけてしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です

 

 

ヒゲ脱毛のお店を探すポイント

 

チェック体験コースがあるかどうか?
体験料金は格安か?
チェック予約が取りやすいか?
予約の変更がしやすいか?
チェック店舗間移動が可能か?

 

これらの全部を可能にしてくれるのが「メンズTBC」です。

 

kanou

 

どんな脱毛でも痛みが伴う?

ニードルを使った脱毛の場合は、毛穴にニードルを差し込んで熱で処理するので痛みが生じます。
痛みだけでなく、処理後に肌が炎症したりするので、クーリングなどのアフターケアが重要になってくることも知っておくとよいでしょう。

 

痛みのない脱毛ならメンズTBCのライト脱毛があります。
肌に光を当てて毛の再生機能を低下させることが目的なので、永久脱毛にはなりません。
痛みがないのが特徴で、一度に広範囲の脱毛も可能です。
永久脱毛ではないので、2〜3ヶ月に一度は同じ所を処理する必要があるため、ヒゲが生えてきたら、何度も通わなければなりません。

 

light

体験で分かること

メンズTBCの脱毛体験は本格的なコースと同じ内容なので、実際にどんな感じなのかを知るのに適しています。
「スーパー脱毛で永久脱毛したら本当に生えてこないか?」を体験後に確認することも可能です。
「料金はどれくらいかかるか?」も見積もりで正確にわかります。もちろん、実際に本格コースを選んで通っていて、処理本数の増減があったりするので、多少は違ってくるかもしれません。
「ニードル脱毛の痛みはどんな感じか?」も実感できるので、その痛みにガマンできるかどうかも分かります。

 

ヒゲ脱毛は体の他の箇所よりもデリケートなところなので、体験するときは目立たない箇所をしてもらうようにしましょう。

 

ヒゲ&カラダ脱毛

おすすめ記事一覧

大手サロン

大手サロンでヒゲ脱毛ならTBCヒゲが濃くて、安心して脱毛できるおススメのサロンは?ヒゲ脱毛したいけど、効果やコストが気になって、どこのサロンがいいのかわわからない。

≫続きを読む